ブータンの竹かご

旅行会話のためのレッスンを続けていると、テキストを作る側からの落とし穴に気づかされます。
ブータンの竹籠…ブータン旅行解禁以前にもネパールのお土産として旅行者たちからは知られていました。その当時の値段を思うと買いたいと思う値段ではないのですが、現地感覚がなければ、おすすめのお土産です。

日本でなんと呼ばれているのか検索してみました。

◆国立民族学博物館のカタカナ表記…税金返せ!!

<ポンチュー> ???

そのまま現地で発音したら、外国人さんの訛りだからとも理解してもらえないでしょう。

◆現地で「ヤラセ」と呼ばれているショップ

日本人のブログ

こちらは「ボンチュー」

◆おしい…日本語レベルの問題??



…では正解。

◆現地でちゃんと聴き取りしている「ヤクランド」

◆新日本科学?? とりあえず正解。


以下、参考

◇© HAB | Handicrafts Association of Bhutan

◇The Raven ブータンの出版社
まだまだ書籍に対する意識が薄いブータン。書籍よりクチコミ、ネットという社会。
この出版社じたい、ネット依存でもあるけれど、奥様ソナム・オンモさん素敵な女性です。

坪野和子☆世界の音楽☆世界のことば

2016年からネット発信スタイルを変えてみようと思います。天職である音楽と転職で勉強中の言語を中心にきままに生真面目に書き綴っていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000