子どもの命名☆時代とともに…とはいえ…

ひぇぇぇ~☆ 小学校の教員、もうやりたくないよぉぉ~~。と思ったことがあります。
…それは、…出席簿にカナふりしないと読めない名前がいっぱい☆
出席取りたくないよぉぉぉ~。

#キラキラネーム #DQM っていう…中には親の誤字のままで…。
ノリで名前つけるのかぁ?? マジかぁ?? マジだったらごめんなさい。ついていけない。


まずはキラキラネーム →マタニティハイは置いておいて…。

次にDQM →コメントが面白いです。


これってヤンキーの夜露死苦と似ていますよねーぇ。
→参考まで


思いだしのたのですが…中学に勤めていたころ、試験で聴き取り問題「この曲はどこの民謡ですか?」→模範解答「千葉県」。ある男子が「暴走犯島」と書いてきました。二重マルつけてダブルで点数だしました。…だって、他は全部できていませんでしたから。もともと「日本」と書いたら2点、千葉県で5点つけるつもりでしたから。

それはともかく、こういう漢字の文化って、明治時代の新聞広告などでもたくさん見られました。漢検準1級の問題も当て字というか宛て字というか…。ゲームやアニメの影響はあるにしても、学習能力低下は言い切れないと考えます。

…ですが「サウジアラビアのユタ」???「ああ☆油田=ゆでん」日本人高校生とこんな会話が成立してしまうので、教科書に書いてある漢字を正しく読めなくても、現代万葉仮名は作れちゃう…日本文化の一種なのでしょうね。

因みに明後日、孫ちゃんが1歳の誕生日を迎えます。孫ちゃんは、新しい流れの一文字です。
ただし、読みに説明が必要です。



坪野和子☆世界の音楽☆世界のことば

2016年からネット発信スタイルを変えてみようと思います。天職である音楽と転職で勉強中の言語を中心にきままに生真面目に書き綴っていきます。

0コメント

  • 1000 / 1000